• 献本

新版 食品機能学への招待-生活習慣病予防と機能性食品

978-4-7827-0685-5 C3047
倉敷芸術科学大学名誉教授 須見洋行
倉敷芸術科学大学准教授 矢田貝智恵子 著
A5・並製・204頁/定価 2,310円(本体2,100円)
機能性食品は健康の保持増進や疾病の予防をはかるものとして期待されている。本書では食品素材が持つ機能面を機能成分はもちろん,いまだ解明されていない食品の伝承的な効能や臨床成績についてもできるだけ幅広くとり上げて解説した。 今回の改訂ではテンペ,ポリアミンなどの新しいカテゴリーの紹介,また納豆や麹,焼酎などの発酵食品,醸造食品について最新のデータをアップした。教科書としても十分使用可。
目 次食品の機能性
 機能性食品
 背 景
 
各種疾患と食品の機能性
 高血圧
 アレルギーと免疫
 悪性新生物(がん)
 血栓症
 肝疾患
 糖尿病
 痛 風
 骨粗鬆症
 食欲,肥満
 疲 労
 認知症,記憶学習能低下予防
 エイズ(AIDS),そのほか

食品の機能性と機能性素材
 機能性素材
  1 機能性糖質
  2 食物繊維
  3 ポリアミン類
  4 チキン,キトサン
  5 クロレラ
  6 乳酸菌
  7 杜仲(茶)
  8 ドクダミ
  9 紅 麹
  10 培養ニンジン
  11 ハトムギ
  12 ニンニク
  13 ホワートルベリーエキス 
  14 CPP(カゼインホスホペプチド,カルシウムホスホペプチド)
  15 EPA(エイコサペンタエン酸)
  16 DHA(ドコサヘキサエン酸)
  17 抗酸化物質
  18 香 り
 世界の伝統食品,生薬
  1 伝統的発酵食品
  2 漢方・生薬
  3 アーユルヴェーダ
  4 ジャムウ
 生理機能成分の測定法

今後の課題および法律面
 機能性食品の技術的基盤
 特定保健用食品開発の背景
 我が国初の「特定保健用食品」
 機能性食品制度
 特定保健用食品
 許可基準と必要期間
 標示事項

コラム

三共出版で購入?

部数:
シェアする: シェアする facebookでシェア はてなブックマークに追加 LINEでシェア noteで書く Twitterでツイート メールで送る