• 献本

結晶化学への招待

978-4-7827-0730-2 C3043
宮前 博
城西大学教授 宮前 博 著
B5・並製・149頁/定価 2,750円(本体2,500円)
結晶がX線と相互作用することによりどのように原子配列が求まるのか。歴史と合わせ紹介する。
目 次1 結晶とは
 1-1 はじめに
 1-2 結晶に見られる規則的構造
 1-3 周期性の現れない敷き詰め構造
 1-4 2次元周期配列に許される回転対称

2 結晶の対称性Ⅰ-32の晶族(点群)
 2-1 結晶内で許される回転対称
2-2 反転を含む対称
2-2-1 反転対称
  2-2-2 投影表示
  2-2-3 鏡映対称,その他
 2-3 対称要素の組み合わせ
  2-3-1 主軸と垂直な2回軸の組み合わせ
  2-3-2 主軸と鏡映面の組み合わせ
  2-3-3 互いに交わる鏡映面
  2-3-4 立方体の対称性
 2-4 32の結晶系(晶族)
  2-4-1 晶族の小分類
  2-4-2 対称性の有無による分類
  2-4-3 対称性の高低による分類
 2-5 点 群

3 結晶の対称性Ⅱ-7つの結晶系・14のブラベ格子
 3-1 結晶系
  3-1-1 対称性に由来する結晶軸の取り方
 3-2 周期構造とa,b,c軸の選び方
  3-2-1 並進成分の選択法
  3-2-2 複合格子の選択
 3-3 14のブラベ格子
  3-3-1 7つの結晶系と14のブラベ格子

4 結晶の対称性Ⅲ-並進操作を含む対称要素,空間群
 4-1 映進面
  4-4-1 映進方向と表示記号
 4-2 らせん軸
  4-2-1 回転軸との組み合わせで生じるらせん軸
  4-2-2 らせん軸の表示法
 4-3 空間群

5 X 線
 5-1 X線の発見
 5-2 X線の発生
  5-2-1 X線管球
  5-2-2 加速電圧と発生するX線の強度
  5-2-3 特性X線とモーズレーの法則
  5-2-4 放射光
 5-3 X線の検出法

6 人類初のX線結晶構造解析
  -NaCLとKCLの結晶構造の決定とミラー指数
 6-1 LaueとEwaldの出会い
  6-1-1 人類初の回析実験
 6-2 Bragg親子の登場
  6-2-1 NaCIとKCLの回析像についての予備知識
 6-3 有理指数の法則とミラー指数
  6-3-1 直交軸系の格子での面間隔の計算法
 6-4 単結晶を利用した回析パターンの測定
  6-4-1 ブラッグの式と測定装置
  6-4-2 回析斑点の解釈
  6-4-3 鉱物学者の考えていた結晶構造
  6-4-4 ブラッグの解釈
  6-4-5 KCL構造の解釈
 6-5 結晶の密度とX線の波長
 6-6 まとめ

7 波の表現-波動運動の複素数による表現とオイラーの公式
 7-1 波
 7-2 複素数と複素表面
  7-2-1 複素数表示の便利なところ
  7-2-2 共役複素数
 7-3 フーリエ級数
  7-3-1 フーリエ変換
 7-4 フーリエ級数展開
 7-5 フーリエ係数の決定
 7-6 フーリエ変換の表現
  7-6-1 複素フーリエ級数の便利なところ
  7-6-2 たたみこみ
 7-7 フーリエ合成

8 結晶とX線の相互作用-回析理論
 8-1 横波の回析と干渉
  8-1-1 2つの波源からの波の干渉
  8-1-2 1つの波源からの波が二重スリットを通って起こす干渉
 8-2 Coherentな波
  8-2-1 回析格子の配列と回析模様
 8-3 1次元格子による散乱
  8-3-1 回析条件
  8-3-2 より一般的な回析条件
  8-3-3 3次元格子からの回析
 8-4 h,k,lの意味
  8-4-1 ベクトルの積
  8-4-2 スカラー三重積
  8-4-3 結晶内の平面を考察する
  8-4-4 h,k,lの意味のまとめと逆格子ベクトル

9 構造因子-電子密度と回析強度および消滅則
 9-1 X線を散乱するもの
 9-2 原子錯乱因子(原子という窓からの散乱)
  9-2-1 原子散乱因子とは
  9-2-2 電子数の等しい原子・イオンの散乱因子
 9-3 回析強度と構造因子
  9-3-1 構造因子
  9-3-2 構造因子の性質
  9-3-3 複合格子の消滅則

10 X線回析実験-データ測定・空間群の決定・データの評価
 10-1 実験に用いる回析条件
  10-1-1 ブラッグの条件という表現
  10-1-2 エワルドの条件という表現
  10-1-3 限界球
 10-2 逆格子の配列と回析図形
 10-3 回析データの収集
  10-3-1 結晶を選んで回析装置にセットする
  10-3-2 予備測定の後,自動で測定する
  10-3-3 補正のためのデータを収得しておく
 10-4 結晶構造を解く
  10-4-1 空間群の決定
  10-4-2 構造を解く
  10-4-3 F(000)の意味
 10-5 構造決定の例(構造因子の意味)
  10-5-1 1次元データで見るフーリエ合成
  10-5-2 2次元データ

11 X線構造解析の実際
  -思わぬハプニング・低温実験でのトラブル
 11-1 通常は結晶をキチンと選べばトラブルは起きない
  11-1-1 グラニュー糖の構造解析
  11-1-2 トラブル
 11-2 補 正
  11-2-1 ローレンツ因子と偏光因子
  11-2-2 吸収補正
 11-3 結晶格子が教える組成情報と実例

12 X線以外の波動を利用した回析
  -電子線と中性子線についてちょっとだけ
 12-1 X線との比較
 12-2 波 長
 12-3 電子線回析
 12-4 中性子線回析
  12-4-1 散乱因子
  12-4-2 核スピン
 12-5 X線の粉末回析データの利用
  12-5-1 リートフェルト解析

三共出版で購入?

部数:
シェアする: シェアする facebookでシェア はてなブックマークに追加 LINEでシェア noteで書く Twitterでツイート メールで送る