• 献本

食品香粧学への招待

978-4-7827-0663-3 C3043
東京農業大学 藤森 嶺 編著
コーケン香料(株) 遠田尚毅・曽田香料(株)木村公子・曽田香料(株)佐無田靖
曽田香料(株) 鈴木 潤・日本獣医生命科学大学 田崎弘之・東京農業大学 寺本明子
東京農業大学 戸枝一喜・東京農業大学 西澤 信・東京大学 増田リリア
東京農業大学 妙田貴生・ブラン(株) 山田麻穂・緑が丘トリートメントルームseed's 和田文緒
B5・並製・214頁/定価 2,750円(本体2,500円)
現在私たちが食べている多くの食物や飲料には香料が使われ,また化粧品やシャンプー,洗剤などでも香料は重要で,私たちは香りに囲まれて生きている。本書では香料とは何か,香気成分を捕集する方法や分析技術,調香,官能評価,嗅覚などの香りの科学を専門家の執筆者により解き明かす。
〈フレーバー・フレグランス検定3級講座指定教科書〉
目 次1 食品香粧学とは
 1-1 はじめに
 1-2 匂いを感じる仕組み
 1-3 香気成分を捕まえる
 1-4 香りの成分を分析する
 1-5 香りを創る

2 香料の歴史
 2-1 はじめに
 2-2 天然香料と合成香料
 2-3 香料の利用方法

3 香料と生物
 3-1 はじめに
 3-2 天然香料

4 香料の化学と生物学
 4-1 はじめに
 4-2 ハッカ
 4-3 バ ラ
 4-4 ラベンダー
 4-5 香気成分

5 香りの生化学
 5-1 はじめに
 5-2 フラノンとピロン
 5-3 テルペン類
 5-4 テルペン配糖体
 5-5 カルテノイド分解物
 5-6 脂肪酸由来および他の脂溶性香気化合物
 5-7 アミノ酸から誘導される香気物質
 5-8 フェニルプロペンとその他の芳香族化合物

6 フレーバー
 6-1 はじめに
 6-2 香り利用の歴史
 6-3 食品香料の目的と役割
 6-4 食品香料の原料と関連法規
 6-5 食品香料開発の実際
 6-6 食品香料の製造概略

7 フレグランス
 7-1 はじめに
 7-2 香水の歴史
 7-3 調 香
 7-4 天然香料産地
 7-5 香り立ち
 7-6 賦香率
 7-7 調香分類

8 香りの捕集・抽出技術
 8-1 はじめに
 8-2 捕集・抽出法

9 香気物質の合成
 9-1 はじめに
 9-2 香気物質の分離
 9-3 テルペン系香気物質の合成
 9-4 芳香族化合物の合成
 9-5 脂肪族化合物の合成

10 微生物による香りの生成
 10-1 はじめに
 10-2 味噌の種類と特徴
 10-3 味噌の香気成分
 10-4 微生物が作る香気成分
 10-5 味噌の重要香気成分HEMF

11 香りの分析
 11-1 はじめに
 11-2 ガスクロマトグラフィー
 11-3 質量分析法
 11-4 赤外線吸収スペクトル分析
 11-5 紫外線吸収スペクトル分析
 11-6 核磁気共鳴分析

12 フレーバーの調香の実際
 12-1 はじめに
 12-2 調合とは
 12-3 フレーバリストとパヒューマー
 12-4 フレーバーとは
 12-5 香りの嗅ぎ方,評価の仕方
 12-6 調合トレーニング
 12-7 香料の原料素材
 12-8 調合技術とは
 12-9 調合のポイント

13 香料の安全性
 13-1 はじめに
 13-2 食品香料の安全性
 13-3 香粧品香料の安全性
 13-4 環境に対する安全性
 13-5 終わりに

14 香料の官能評価
 14-1 はじめに
 14-2 2つの官能評価-分析型と嗜好型
 14-3 官能評価を行うために
 14-4 官能評価実験法
 14-5 官能評価の実施手順

15 嗅覚:匂いの検知と識別
 15-1 はじめに
 15-2 嗅覚系の経路
 15-3 匂いの分子の受容体
 15-4 脳内への匂いの情報伝達
 15-5 高次脳中枢における匂い物体の表現
 15-6 まとめ

16 アロマテラピー
 16-1 はじめに
 16-2 アロマテラピー(芳香療法)
 16-3 医学・薬学・香料と植物
 16-4 アロマテラピーの創設者たち
 16-5 アロマテラピーの作用機構
 16-6 精 油
 16-7 アロマテラピーの実践
 16-8 アロマテラピーの現在と展望

付 録

三共出版で購入?

部数:
シェアする: シェアする facebookでシェア はてなブックマークに追加 LINEでシェア noteで書く Twitterでツイート メールで送る