わかりやすい公衆栄養(第3版)

978-4-7827-0715-9 C3077
東京都立短期大学名誉教授 吉田 勉 監修
首都大学東京教授 篠田粧子・川村学園女子大学名誉教授 永吉道子 編著
稲山貴代・大山珠美・岡本裕子・笠原利英・小林実夏・酒井 徹・関口紀子
高森恵美子・田草川憲男・宮沢栄次・向井理恵 共著
B5・並製・226頁/定価 2,750円(本体2,500円)
管理栄養士国家試験範囲を網羅した最新テキスト。
目 次1 公衆栄養の課題
 1-1 公衆栄養とは
 1-2 「健康」の定義
 1-3 ヘルスプロモーションの概念

2 国民健康・栄養の現状と問題点
 2-1 わが国における少子高齢化問題
  2-1-1 人口構造と医療費
  2-1-2 疾病構造の変化
 2-2 国民健康・栄養調査
  2-2-1 国民健康・栄養調査の概略
  2-2-2 国民健康・栄養調査の結果
   (1)栄養摂取状況
   (2)身体に関する状況
 2-3 ライフステージにおける栄養問題
  2-3-1 ライフステージにおける問題点・課題と対応策
   (1)妊娠期・授乳期
   (2)乳・幼児期
   (3)学童期
   (4)小中学生の肥満傾向と痩身化傾向
   (5)思春期
   (6)成人期
   (7)高齢期

3 食事摂取基準
 3-1 日本人の食事摂取基準の沿革
 3-2 日本人の食事摂取基準の概要
  3-2-1 策定目的と使用期間
  3-2-2 策定方針
  3-2-3 設定指標
 3-3 食事摂取基準の活用方法
  3-3-1 活用の基本的事項
  3-3-2 食事摂取状況のアセスメントの方法と留意点
  3-3-3 目的に応じた活用上の留意点
 3-4 対象特性,生活習慣病とエネルギー・栄養素との関連

4 健康・栄養行政
 4-1 公衆栄養と健康・栄養行政
  4-1-1 栄養行政の歴史
  4-1-2 栄養行政の組織と役割
 4-2 関係法規
  4-2-1 健康増進法
  4-2-2 栄養士法
  4-2-3 地域保健法
  4-2-4 食育基本法・食育推進基本計画
  4-2-5 母子保健法
  4-2-6 高齢者の医療の確保に関する法律
  4-2-7 その他
 4-3 公衆栄養の施策
  4-3-1 健康日本21
  4-3-2 母子保健対策
  4-3-3 成人保健・老人保健対策

5 公衆栄養活動
 5-1 公衆栄養のマネジメントサイクル
  5-1-1 公衆栄養プログラムの計画・実施・評価
  5-1-2 公衆栄養アセスメント
  5-1-3 公衆栄養プログラムの計画
   (1)プログラムの対象者
   (2)プログラム計画のためのモデル
   (3)住民参加のプログラム
   (4)公衆栄養プログラムの実施
 5-2 健康づくり活動
  5-2-1 日本における健康づくり施策
  5-2-2 健康づくりのための指針
  5-2-3 健康づくり活動の展開
 5-3 都道府県の健康や栄養に関わる環境づくりとしての公衆栄養活動

6 栄養疫学
 6-1 栄養疫学の概要
 6-2 栄養疫学の研究手法
  6-2-1 無作為割付比較研究
  6-2-2 前向きコホート研究
  6-2-3 症例対照研究
  6-2-4 コホート内症例対照研究
  6-2-5 地域相関研究
  6-2-6 横断研究
 6-3 食事調査の方法
  6-3-1 食事摂取の変動要因
  6-3-2 食物調査の種類
   (1)食事記録法
   (2)24時間思い出し法
   (3)食物摂取頻度調査法
   (4)国民健康・栄養調査
  6-3-3 半定量食物摂取頻度調査
   (1)調査票の開発
   (2)食品栄養素の算出法
   (3)調査票の妥当性
 6-4 栄養疫学研究の事例
  6-4-1 脂肪と乳がん
  6-4-2 野菜・果物摂取とがん

7 健康と栄養の情報収集と発信
 7-1 21世紀の情報通信
  7-1-1 インターネットの普及
  7-1-2 データベースや情報の取り扱い
 7-2 健康・栄養情報の収集におけるインターネットの活用
  7-2-1 健康・栄養に必要な情報
  7-2-2 インターネットから収集される健康・栄養情報
   (1)情報の検索
   (2)省庁からの情報収集
   (3)国立健康・栄養研究所からの健康・栄養情報
   (4)リンクの活用
   (5)海外の健康・栄養情報を入手するには
   (6)文献検索
 7-3 IT革命がもたらす社会の変化
  7-3-1 インターネットを活用した健康支援
  7-3-2 保健医療分野におけるIT化が描く社会

8 地域公衆栄養活動
 8-1 地域における公衆栄養活動の進め方
  8-1-1 計 画
  8-1-2 実 施
  8-1-3 評 価
 8-2 市区町村における公衆栄養の取り組み
  8-2-1 保健センターの役割
  8-2-2 保健センターの公衆栄養事業
  8-2-3 地区組織の公衆栄養活動への支援
 8-3 公衆栄養活動の評価とその還元
  8-3-1 評価の基準
  8-3-2 評価の指標
 8-4 公衆栄養活動におけるネットワークの構築
  8-4-1 住民の支援を目的にしたネットワークの構築
  8-4-2 栄養士のネットワークの構築

9 食生活の質的安全
 9-1 食の安全と健康
 9-2 食品の汚染
  9-2-1 食中毒
  9-2-2 有害化学物質による慢性健康障害
  9-2-3 食品汚染物質と健康被害
   (1)食品原料段階での汚染
   (2)食品加工段階での汚染
   (3)食品の流通・調理段階での汚染
  9-2-4 加工食品の期限表示
 9-3 新しい食品と安全性
  9-3-1 健康食品
  9-3-2 特定保健用食品
  9-3-3 栄養機能食品
  9-3-4 有機農産物
  9-3-5 遺伝子組換え食品 
 9-4 食生活の安全と公衆栄養

10 食料の需給と供給-食料問題
 10-1 世界の食料動向
  10-1-1 世界の食料生産および貿易の現状
  10-1-2 アメリカ,EUおよび中国の農業政策・動向
  10-1-3 世界の食料需要の増加
  10-1-4 世界の食料供給量の伸び悩み
 10-2 日本の食料動向
  10-2-1 日本農業の特徴
  10-2-2 近年の日本の農業政策・動向
  10-2-3 日本の食料自給率
 10-3 将来に備える(世界の中の日本)
  10-3-1 日本の食料自給率向上の必要性
  10-3-2 食料自給率向上の方途

11 世界の健康・栄養問題
 11-1 食料と人工不均衡
  11-1-1 世界人口の動向
  11-1-2 国連人口会議
  11-1-3 世界の栄養不足人口の動向
  11-1-4 開発途上地域の栄養不足
  11-1-5 開発途上地域における低体重と肥満の共存
 11-2 世界栄養宣言にみる栄養欠乏症とその対策
  11-2-1 世界栄養会議
  11-2-2 食物をベースにした食事指針の開発と活用に関するFAO/WHO合同専門家会議
  11-2-3 食事,栄養と慢性疾患に関するWHO/FAO合同専門家会議
  11-2-4 世界食糧安全保障サミット
 11-3 アメリカの抱える栄養過剰摂取の問題
  11-3-1 アメリカにおける栄養施策
   (1)アメリカの心臓協会の警告
   (2)アメリカ人の食事目標
   (3)ヘルシーピープル2020
   (4)アメリカ人のための食生活指針
   (5)マイ・ピラミッドからマイ・プレートへ
   (6)栄養補助食品健康教育法
 11-4 環境汚染と健康
  11-4-1 石油化学製品と環境汚染
  11-4-2 環境問題に関する国際会議

12 これからの公衆栄養への期待
 12-1 公衆栄養活動の実践・研究・施策連携の重要性
 12-2 栄養政策決定のための公衆栄養ネットワークの構築
 12-3 疾病予防・健康増進における栄養士の役割

付 録
 栄養関係法規
 日本人の食事摂取基準(2015年版)
 地域における行政栄養士による健康づくりおよび
 栄養・食生活の基本指針

三共出版で購入?

部数:
シェアする: シェアする facebookでシェア はてなブックマークに追加 LINEでシェア noteで書く Twitterでツイート メールで送る