• 新刊
  • 献本

新版 これでわかる化学演習

978-4-7827-0834-7 C3043 /2024年5月刊行
矢野 潤(新居浜工業高専・特任教授)
管野善則((株)ムジカ企画代表取締役会長) [編著]
伊藤武志(弓削商船高専・教授)
岡野 寛(香川工業高専・教授)
尾崎信一(前高知工業高専・教授)
加藤清考(小山工業高専・教授)
竹中和浩(高知工業高専・准教授)
多田佳織(高知工業高専・准教授)
立川直樹(香川工業高専・講師) [共著]
B5・並製・2色刷・214頁/定価 2,530円(本体2,300円)
好評テキスト『新版 これでわかる化学』に対応する演習書。
実際の教育現場で活躍し、学生の理解の障害になるものを熟知する著者が集結。化学の基礎的な理論の理解を助けつつ実力養成につながる例題・解き方・演習問題とその解答を満載した一冊。
主な内容
  1. 物質の構成
  2. 化学式と物質量
  3. 化学結合
  4. 物質の三態
  5. 希薄溶液の束一性
  6. 化学変化と反応熱
  7. 酸と塩基
  8. 酸化と還元
  9. 酸化還元と電気
  10. 有機化合物
目次(詳細)

1 物質の構成
 1.1 元素と周期表
 1.2 単体と化合物
 1.3 純物質と混合物
 1.4 原子の構成
 1.5 電子配置
 1.6 イオン
 1.7 電気陰性度
 演習問題
 問題解答

2 化学式と物質量
 2.1 化学式
 2.2 原子量・分子量・式量
 2.3 物質量
 演習問題
 問題解答

3 化学結合
 3.1 イオン結合
 3.2 共有結合と配位結合
 3.3 電気陰制度と双極子モーメント
 3.4 金属結合
 3.5 水素結合とファンデルワールス力
 演習問題
 問題解答

4 物質の三態
 4.1 物質の三態
 4.2 気体の法則
 4.3 気体の状態方程式
 4.4 混合気体
 4.5 固体の溶解度
 4.6 気体の溶解度
 4.7 濃度(質量パーセント濃度・モル濃度・質量モル濃度)
 4.8 コロイド溶液
 演習問題
 問題解答

5 希薄溶液の束一性
 5.1 蒸気圧降下
 5.2 沸点上昇と凝固点降下
 5.3 浸透圧
 5.4 電離(解離)や会合などをともなう場合
 演習問題
 問題解答

6 化学変化と反応熱
 6.1 化学反応式
 6.2 化学変化の量的関係
 6.3 反応熱とエンタルピー変化
 6.4 反応エンタルピーの表し方
 6.5 ヘスの法則
 6.6 化学変化と光・エントロピー
 6.7 反応速度と活性化エネルギー
 6.8 化学平衡
 演習問題
 問題解答

7 酸と塩基
 7.1 酸・塩基の定義
 7.2 酸・塩基の価数と強さ
 7.3 水のイオン積
 7.4 水素イオン濃度とpH
 7.5 中和反応と塩
 7.6 中和反応の量的関係(中和滴定)
 7.7 電離平衡
 7.8 緩衝液
 演習問題
 問題解答

8 酸化と還元
 8.1 酸化と還元
 8.2 酸化数と酸化・還元
 8.3 酸化剤と還元剤
 8.4 酸化還元反応式
 8.5 酸化還元反応の量的関係と酸化還元滴定
 演習問題
 問題解答

9 酸化還元と電気
 9.1 金属のイオン化傾向(金属イオンと金属との反応)
 9.2 金属のイオン化傾向(水,酸,酸素との反応)
 9.3 電池(原理としくみ,実用電池)
 9.4 電気分解(陽極と陰極および陽極と陰極で起こる反応)
 9.5 ファラデーの電気分解の法則(通電量と物質量変化の関係)
 演習問題
 問題解答

10 有機化合物
 10.1 炭化水素
 10.2 官能基
 10.3 身近な高分子化合物
 10.4 人体と有機化合物(DNA)
 演習問題
 問題解答

付録 単位と有効数字
 1 単位と次元
 2 有効数字
 演習問題
 問題解答

索引

備 考

新版となる本書は、近年の高校化学における熱化学関連の表記変更に対応するとともに、有機化合物に関する演習の章を新設、全体の各項目の内容もブラッシュアップしました。(2024年5月)

三共出版で購入?

部数:

更新: 2024年7月10日
シェア: facebookでシェア はてなブックマークに追加 LINEでシェア noteで書く X(Twitter)にポスト メールで送る このページを印刷する シェアする