三共出版

メニュー
  • 献本
  • 電子書籍あり

フロンティアオービタルによる新有機化学教程

978-4-7827-0714-2 C3043
山口達明
前千葉工業大学教授 山口達明 著
A5・上製・258頁/定価 3,520円(本体3,200円)
フロンティアオービタルを簡単な分子計算で描くことによって従来とは違った見方で有機化学を理解しようとするのがこの本の主眼点です。つまり, 電子対の移動や共鳴式を使わない有機化学教科書です。 有機分子の電子分布図を沢山掲載していますので, 従来の構造式とは違った分子のイメージが得られるでしょう。
目 次1 有機化合物の化学結合
 1.1 量子力学的原子像-原子オービタル
 1.2 原子価結合(価電子による共有結合の定性的説明)
 1.3 分子計算(分子全体の電子分布)

2 有機化合物の構造
 2.1 有機分子中原子の三次元的配置
 2.2 構造式とは, その表現法
 2.3 異 性
 2.4 立体化学と光学異性
 2.5 命名法の一般則

3 有機化合物の反応
 3.1 反応の型による分類
 3.2 反応機構
 3.3 MO理論による有機化学反応の理解
 3.4 反応速度

4 脂肪族炭化水素
 4.1 炭化水素の分類
 4.2 アルカン-ラジカル反応
 4.3 アルケンの反応-付加
 4.4 共役と超共役-分子内での結合反結合性軌道の相互作用
 4.5 エチレンの安定性・反応性に対する置換基の効果
 4.6 アルキン
 4.7 アルケン・アルキンの合成

5 芳香族炭化水素
 5.1 芳香族性
 5.2 ベンゼンに対する電子受容種の反応(求電子的置換)
 5.3 ベンゼン環に対する置換基の効果
 5.4 芳香族化合物の電子供与種との反応(求核的置換)
 5.5 付加反応(光反応)
 5.6 多環芳香族化合物

6 有機ハロゲン化合物と有機金属化合物
 6.1 有機ハロゲン化合物の合成
 6.2 C-X(ハロゲン)結合の反応性
 6.3 ハロゲン化アルキルの反応-置換と脱離
 6.4 反応速度と反応機構
 6.5 ハロゲン化アリルおよびハロゲン化ベンジルの反応性
 6.6 ハロゲン化アルケニルおよび芳香族ハロゲン化物の反応性
 6.7 有機金属化合物

7 有機酸素化合物と有機窒素化合物
 7.1 C-N, C-O, C-F結合の違い
 7.2 有機酸素化合物と有機窒素化合物
 7.3 アルコール・フェノール・エーテル
 7.4 アミン

8 カルボニル化合物
 8.1 C=O結合とC=C結合の違い
 8.2 アルデヒドとケトンの違い
 8.3 カルボニル化合物の反応点
 8.4 カルボニル化合物の付加・縮合反応
 8.5 エノレートイオンの反応

9 カルボン酸およびその誘導体
 9.1 カルボン酸の酸性
 9.2 カルボン酸の合成
 9.3 カルボン酸の反応
 9.4 カルボン酸誘導体の合成と反応性

10 有機イオウ・リン化合物と有機ケイ素化合物
 10.1 第3周期元素と炭素の結合
 10.2 有機イオウ化合物と有機リン酸化合物
 10.3 高原子価イオウ・リン化合物
 10.4 有機ケイ素化合物

有機化学外史

三共出版で購入?

部数:
シェアする: シェアする facebookでシェア はてなブックマークに追加 LINEでシェア noteで書く Twitterでツイート メールで送る

関連書籍

978-4-7827-0798-2
A5判・上製・290頁/定価 3,300円(本体3,000円)