金属錯体の色と構造

978-4-7827-0722-7 C3043
大阪大学名誉教授 海崎純男 著
A5・上製・156頁/定価 2,700円(本体2,500円)
遷移金属錯体の色の主な原因であるd-d電子遷移の電子スペクトルの基礎理論である結晶場理論・配位子場理論と角重なりモデルを解説し,基底状態?励起状態間のd-d電子遷移における吸収や発光スペクトルが遷移金属イオン,配位子や配位構造にどのように影響されるかを最近の特殊な研究例を含めて明らかにする。

目 次

三共出版で購入する

部数: